詳細

ホーム > 詳細情報

エミリ・ブロンテ論
柳五郎 編著

エミリの生いたちをたどることから始めて、詩人、小説家として、あるいは画家、ピアニストとしてなど、各分野で発揮した彼女の才能をみつめ、作品『嵐が丘』や詩を論評し、家系図や文献、年譜も網羅して、エミリを正に総合的に論じ尽くそうとしたものである。執筆者十四人が最新の研究成果を披瀝する。

ISBN 978-4-87571-944-1
判 型 四六
頁数 394ページ
定 価 3,850円(税込)


<品切>