詳細

ホーム > 詳細情報

アン・ブロンテ論
中岡洋、内田能嗣 編著

本書は、まずアン・ブロンテの生涯を辿り、「アグネス・グレイ」「ワイルドフェル・ホールの住人」「詩」「音楽」にまで分野を広げ、彼女が残したすべての文学遺産を各執筆者が許された独特の見解で検証するものである。この一書で、ブロンテ、特にアンのさらに深い研究の示唆が与えられるであろう。

ISBN 978-4-87571-953-3
判 型 四六
頁数 444ページ
定 価 3,850円(税込)