詳細

ホーム > 詳細情報

ラックレント城
マライア・エッジワース 著/大嶋浩、大嶋磨起 訳著

『ラックレント城』は、1800年に発表されたマライア・エッジワース(Maria Edgeworth 1767-1849)の最初の小説である。ウォルター・スコットやツルゲーネフにも影響を与えた作品であり、最初の地域小説、系図小説として歴史的な作品でもある。訳者による詳細な注釈と解説を付す。

ISBN 978-4-87571-961-8
判 型 四六
頁数 432ページ
定 価 4,950円(税込)