詳細

ホーム > 詳細情報

海洋国家アメリカの文学的想像力――海軍言説とアンテベラムの作家たち――
中西佳世子/林以知郎 編

海洋国家アメリカの揺籃期、海軍の生成と文学の開花は軌を一にしていた。軍艦、商船、捕鯨船、奴隷船が交錯するアンテベラムの海洋は、やがて海軍が体現する「秩序と規律」へと回収されていく。越境と攪拌のトポスから制度へ、この転換期のダイナミズムはいかに作家たちの想像力を捉えたのか。

ISBN 978-4-87571-092-9
判 型 4/6版 上製本
頁数 336ページ
定 価 3,024円(税込)
刊行年 2018年4月



序      林 以知郎

第Ⅰ部 海洋国家アメリカと海軍の言説空間
 海洋国家アメリカと海軍の創設      阿川 尚之
 十九世紀アメリカ海軍の教育制度      布施 将夫
──海軍兵学校の規律重視から海軍大学校の効率重視へ
 バーバリー海賊と建国期のアメリカ文学      佐藤 宏子
 士官候補生たちの「誤読」      林 以知郎
──艦上の読書共同体と「物書く/船乗り」たちのいさかい

第Ⅱ部 海洋国家アメリカの文学的想像力
 ホーソーンが編集した二つの航海記の海軍言説と『緋文字』      大野 美砂
 ホーソーンとペリーが共有した海軍言説      中西佳世子
──イマジネーションと現実の接点
 船乗りの民主主義      真田  満
──合衆国の理想と現実
 元水夫の物語           西谷 拓哉
──メルヴィルの海洋文学における抒情性とノスタルジア
 混沌のトポス、拡散する海図      橋本 安央
──「エンカンターダズ」を読む
 二つの軍艦物語を通して変化するメルヴィルの視座         辻  祥子
──人種と階級、それぞれの「深淵」をめぐって
 島嶼国家アメリカへの道      貞廣 真紀
   ──再建期、大西洋横断電信ケーブル、ホイットマン