詳細

ホーム > 詳細情報

英語研究のバックロード
稲積包昭 著

本書は著者がさまざまなところで書いてきたものの集成で、一つの統一されたテーマの論文集ではない。第Ⅰ部は英語研究のメーンロードで関係代名詞研究、メルヴィルの英語文体研究など全9章、その中に『スタンダード和英大辞典』の編著者竹原常太研究の章があるが、英学史的にも貴重な発見である。第Ⅱ部が英語研究のバックロードで、<なんと“ヤキトリ”が英語だって!>とか<「五月晴れ」英語で言うと・・・>のような楽しい読み物風のものが多く全21章。著者によれば「・・・気がつけばいつの間にかバックロードの魅力に取り憑かれわき道にそれ、そこについ長居をしてしまうという自由気ままな“旅”のくり返しであった」とのことである。

ISBN 978-4-87571-581-8
判 型 四六
頁数 295ページ
定 価 3,024円(税込)
刊行年 2008年



<目次>
PART I 英語研究の“メーンストリート”
 1.コミュニケーション研究とアイデンティティの問題
 2.米国の大学図書館で考えたこと
 3.メルヴィルとボストン版シェークスピア全集――アメリカ出版文化小論
 4.メルヴィルの複合語について
 5.『スタンダード和英大辞典』と編著者竹原常太――英米文化の受容と日本
 6.固有名詞を先行詞とする関係詞節――序論――
 7.関係詞節の用法に関する覚え書き
 8.Aschamの英語――関係詞節構造
 9.Roger Aschamの英語――Infinitives

PART Ⅱ 英語研究の“バックロード”
 1.関係詞――Who, Whichの2用法
 2.語彙は英語4技能の土台である
 3.指導技術再評価の変形文法理論
 4.高校における変形文法応用の効果
 5.if がなくても“仮定法”
 6.からだの英語
 7.英語・日本語
 8.ある同格表現について
 9.英語と同語反復
 10.動作表現の意味
 11.“We are a B”表現について
 12.日・英語句読点についての一考察
 13.大文字と強調
 14.通帳からお金を引き出す話
 15.どうちがうの?cow, bull, ox
 16.なんと“ヤキトリ”が英語だって!――英語になった日本語あれこれ
 17.“ハクション”は英語でAh-choo――“音”を表す英語いろいろ
 18.「五月晴れ」英語で言うと・・・
 19.英会話で使われる天気表現
 20.キリスト教用語あれこれ
 21.スコット・キング氏とアスカム