詳細

ホーム > 詳細情報

J・コンラッドの世界―翼の折れた鳥―
吉田徹夫 著

コンラッドは戦後、政治に操られる人々を扱った作品や西洋文明に対する懐疑的な倫理性が見直され、人間存在の深遠をさぐる二十世紀初頭の最も重要な作家の一人と評価されるようになった。約50ページにわたる参考文献にみられる如く、厖大な資料を駆使した日本におけるコンラッド研究の白眉。

ISBN 978-4-87571-626-6
判 型 四六
頁数 370ページ
定 価 3,024円(税込)