検索結果

ホーム > 単行本 > 研究書 > イギリス文学(英詩、翻訳小説含む)

70件見つかりました ] 7ページ中4ページ目を表示しています。

山口弘恵 著
近年、欧米ではアンの研究が盛んになってきているが、日本では彼女だけ単独で紹介されたり論じられたりすることがなかった。偉大なシャーロットやエミリの陰...

中岡洋 編著
『ジェイン・エア』は、出版後150年を経た今もなお、われわれの心に直接語りかけてくる。この永遠のベストセラー『zyリン・エア』はどのようにして生ま...

柳五郎 編著
エミリの生いたちをたどることから始めて、詩人、小説家として、あるいは画家、ピアニストとしてなど、各分野で発揮した彼女の才能をみつめ、作品『嵐が丘』...

鳥海久義 著
著者若き日の息吹きは、ロマンを謳い上げ、エミリを叙す行文はそのまま詩に比することができようか。?部にエミリを評伝風にとりあげ、?部においてエミリの詩...

ラッセル・ジャクソン 著/北川重男 監訳
本書の特徴として、シェイクスピア作品から派生した数々の関連作品について論じられていることがあげられる。したがって、映像資料、鑑賞機会の少ない日本で...

マライア・エッジワース 著/大嶋浩、大嶋磨起 訳著
『ラックレント城』は、1800年に発表されたマライア・エッジワース(Maria Edgeworth 1767-1849)の最初の小説である。ウォルター・スコットやツルゲーネフに...

ウィリアム・ゴールディング 著/福岡現代英国小説談話会 訳
イギリス人ノーベル文学賞作家の「蠅の王」以来の最高傑作。宗教、家族、性、暴力……など現代が直面する問題を通して作者生涯の主題である、「人間の悪」や「...

ウィリアム・ゴールディング 著/伊藤豊治 訳
題名の「通過儀礼」とは、船が赤道直下を通過する際、海神ネプチェーンを慰撫するために船乗りが行う行事。それと若者が大人になるために通過しなければなら...

斎藤和明 著
シェイクスピア、ミルトンからロマン派詩人、ロセッティ、イェイツ、ヒーニー、そしてポール・サイモンに至る30人以上の有名詩人の作品について、詩の言葉の...

中西敏一、亀井規子、青木健、野畑多恵子 編
本書はSketches by Bozの中の“Scenes”25章のテキスト全文と図版・写真多数を入れた詳注、および各論とから成る。Dickensの小説家としての才能を拓いた“Scenes...

<<PREV 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 NEXT>>