検索結果

ホーム > 単行本 > 研究書 > アメリカ文学(米詩、翻訳小説含む)

62件見つかりました ] 7ページ中3ページ目を表示しています。

西村頼男 著
近年、わが国のアメリカ文学研究では先住民作家や研究者に目が向けられつつあるように思われるが、この分野の研究は未開拓と言えよう。アメリカ先住民文学全...

丹羽隆昭 著
1920年代から60年代にかけて発表された何篇かのアメリカ小説において、クルマという文明の利器がどう表現され、小説の意味とどう結びついているかを考察する...

里見繁美、池田志郎 編著
大きな「理想」や「夢」を現実化させてくれるアメリカの姿はどこかへ消え失せてしまった感のある今日、この「理想」や「夢」をキーワードにして、19世紀、20...

ブルース・バートン 著/横田和憲 訳
アメリカ連邦制のモデルとなったと言われている16世紀イロコイ五国連邦の顛末を描いた長編歴史小説。本書は、すべてを先住民の視点から描くことにより、先住...

前野繁、稲積包昭 編著
ハーマン・メルヴィルの全作品の難解語句・新造語等、約7、000語に簡明正確な定義・解説を付している。各語句をOED、DAE、DAによりチェックし、初出年代・廃...

三木信義 著
「われらの時代に」「女のいない男達」「勝者に何もやるな」これら3つの短篇集がへミングウェイ文学の生誕、成長、成熟の全課程を段階的に明らかにしていると...

芳賀馨 著
第一部では現代作家4人の小説1篇ずつを取り上げた小説論、第二部では批評・比較文化論、第三部でドラマ論を展開。日本のテレビドラマ作家論を含めるなど、従...

吉崎邦子 著
本書は、アメリカ文学のみならずイギリス文学、日本文学の白樺派にも影響を与えた偉大な詩人を、単に『草の葉』の詩人としてだけでなく、青年期から老年期に...

マーク・トウェイン 著/那須頼雅、佐野朱里、渡辺真理子 共訳
明るいユーモリストとして広く知られたトウェインの晩年は、底知れぬペシミズムの深淵に沈み、おう悩の内に世を去ったとされる。彼の死後続々と未完・未発表...

前野繁 著
アメリカ文学草創期の巨人ハーマン・メルヴィルの全作品・古典・聖書・文学・宗教・歴史および地理等あらゆる事項にわたって網羅した辞典。世界で初めてのメ...

<<PREV 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 NEXT>>