検索結果

ホーム > 単行本 > 研究書 > アメリカ文学(米詩、翻訳小説含む)

57件見つかりました ] 6ページ中1ページ目を表示しています。

ランダル・スチュアート著/丹羽隆昭訳
アメリカの文豪ホ-ソーンの伝記の日本語訳が、現状では何故かほとんど見当たらず、信頼に足る手ごろな伝記が必要とされていると思われる。原著者ランダル・...

マーガレット・アトウッド著 松田雅子/松田寿一/柴田千秋 共訳
主人公の女画家イレインが回顧展を開催するためにふるさとトロントに戻るところから、回顧展が終了しヴァンクーバーへ帰るまでの期間が作品の設定である。ア...

野口健司 著
メルヴィル研究を主軸に、そこから他分野へと派生した「語り」をテーマとする野口教授の研究歴を辿った書。審美的批評を基本とし、伝記的批評、歴史的批評に...

池田肇子 著
著者の研究対象は現代アメリカ文学、とりわけユダヤ系作家ソール・ベロー。研究途中ではアリス・アダムスにも魅せられたが、ベローの毒に染まっていた著者に...

チャールズ・オールソン著
島田太郎訳
オールソンは日本ではつい最近まで一般の読書人にはほとんど知られていなかったが、二〇世紀後半のアメリカ詩壇でもっとも重要な一人と目されている。そのオ...

山下昇 著
アメリカの歴史は人種差別と性差別の歴史であったと言っても言い過ぎではないだろう。本書は特に人種と性(ジェンダー/セクシュアリティ)に焦点を合わせて...

入子文子監修/谷口義朗・中村善雄編集
3.11の衝撃は、無自覚に文明の恩恵を享受してきた我々に価値観や人生観の再考、再点検を強く促した。アメリカ文学の研究者たちにも同様の意識が働く。アメリ...

ジョイス・キャロル・オーツ 著/吉岡葉子 訳
対立の文化が生んだ革新的文学を、オーツの文学への信念、深い学識、鋭い人間観察から読み解く。二元論を超越し、人間の心の深部に切り込み、10人の先見的作...

安河内英光
メルヴィルの短編に登場するバートルビーを、アメリカ文学に頻出する幽閉のイメージやテーマの原型的人物として捉え、主に4人の作家を分析しつつ、このような...

<<PREV 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 NEXT>>