検索結果

ホーム > 英語テキスト > 論説 > 社会・文化・思想言語・他

15件見つかりました ] 2ページ中1ページ目を表示しています。

石井隆之 監修
岩田雅彦・山口 修・平田千夏・Roy Obal
本書は、興味深く奥深い異文化のテーマを、日本文化との比較で論じた易しめの英文を元に、4技能の力を高める目的で編まれた教材です。語彙チェック、パッセ...

阿部 曜子・川端 新・富山 晴仁・西嶌 俊彦・Susanne Balogh・向井 剛 (五十音順)
大学の初年次に受ける一般英語教育のために作られた本テキストは、英語による自校教育を内容に、「自律した英語学習者」の育成を目標とした総合教材です。各...

ヒレア・ベロック著/野谷啓二編注
“社畜”に、ましてや国家畜”に成り下がらないために! 
 著者ヒレア・べロック(1870-1953)は、日本での知名度は低いが英国では20世紀前半の英国文学界を...

A. C. Grayling著/野谷啓二編著
(リーディング)
本テキストは、決して抽象的な議論が積み重ねられる哲学書ではない。「よき市民」たるために考えるべきことが全体的なテーマである。あろ...

前川智子編著
(リーディング)
9.11のテロ、二機目の飛行機で命を落としたロバート。残された妻アンドレアは呆然とするが、夫の死を「復讐」の口実にされることを嫌い立...

松村瑞子・因京子・新島龍美・谷口秀子・吉村治郎・藤崎睦男・高橋勤・志水俊広・新藤昭夫 編注
本書は生命倫理関連の学術論文を素材とした英語教材である。本書で扱う論文は、安楽死の問題など医学の専門知識がなくても十分に理解可能な社会性のある幅広...

細川祐子 著/Keith Adams 協力
本書は、服飾を切り口にして、イギリスの文学作品、雑誌記事、風刺、肖像画などを読み解いた斬新さと興味に溢れるリーディング用テキストです。
 イングラ...

H. G. Wells/宮原一成 編注
本格的精読教材。H. G. ウェルズの講演原稿に基づく名エッセイ。インターネット、デジタルアーカイブ、ウィキペディア―こうした21世紀的な知的ツールの到来を...

Isaac Asimov 著/小幡 武、増渕正史 編注
ギリシア・ローマの神々は、現在もなお我々の身辺で生き続けている。アメリカで多彩な文筆活動を続けているアシモフは、この事実を実に興味深く語ってくれて...

Angela Goddard 著/北爪佐知子 編注
著者は「広告とは、広告主から多くの読者へ送るメッセージである」との認識を示してる。つまり、広告とは、広告主と読者との対話であるという意味で、コミュ...

<<PREV 
1 | 2 NEXT>>