検索結果

ホーム > 英語テキスト > 論説

59件見つかりました ] 6ページ中2ページ目を表示しています。

細川祐子 著/Keith Adams 協力
本書は、服飾を切り口にして、イギリスの文学作品、雑誌記事、風刺、肖像画などを読み解いた斬新さと興味に溢れるリーディング用テキストです。
 イングラ...

H. G. Wells/宮原一成 編注
本格的精読教材。H. G. ウェルズの講演原稿に基づく名エッセイ。インターネット、デジタルアーカイブ、ウィキペディア―こうした21世紀的な知的ツールの到来を...

久保善宏、毛利史生、古川武史、 Tim Cross
大学の交換教授で来日したオーストラリア人教師が、様々な日本文化や伝統に出会って驚いたり感激する様子や母国との相違などをエッセイ、会話、e-mailで綴り...

宮野智靖、Joseph T. Ruelius、妻鳥千鶴子 編著
USA TODAY紙は、記事の内容の豊富さ、英文の簡潔さに加え、美しいカラー写真やグラフ、イラスト、レイアウトを巧みに利用して、読みやすさという点では他に及...

細川祐子、阿部美春 共著
Elizabeth Kenny 英文校閲
19世紀イギリスの絵画を論じている。イギリスの「物語画」は、近代以降多分に抽象性にも寄りつつ「普遍性」を評価の基準としてきたハイ・アートの世界とは質...

Richard J. Kelly, Ciaran L. Quinn 著/風呂本武敏 編注
人口600万人にも満たない島国、アイルランドが抱える主要な問題を概説。EUとして急速に大きく変貌しようとしているヨーロッパの中での小国の位置、最大難問の...

P. Hyland 著/佐々木肇 編注
かつて東北大学で教鞭をとった、P. Hyland氏は、東北の風土や文化・生活を愛し、故郷英国の北方Huddersfieldとの類似を思わずにはいられなかった。英国の深北...

Peter Milward 著/岡本秀男、鈴木孝夫 編注
本書は著名な文学者の文学の世界に見られる言葉と、英文学の背景として欠くことのできない「信仰」との関係を追った極めて興味深いテキストである。Chaucer's...

George Gissing 著/平井正穂 編注
Ryecroftに理想的人間像を託しながらしみじみと描くGissingの随筆集。四季の織りなす自然に対しての繊細な感受性、都会の苦悩、ストイックな諦観を求める心情...

野口健司 編注
TIMEのカバーストーリーは、時の話題を歴史的視野に立つ広い角度から照射して論点を明らかにし、明晰な論理で問題解決の方向を示唆する。さながらみがき上げ...

<<PREV 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 NEXT>>